【火】メルケル盗聴、中国から見たTPP

執筆者:フォーサイト編集部 2014年8月19日

本日の更新記事は、春名幹男さんの「インテリジェンス・ナウ スパイ防止対策で『防諜の鎧』構築:『メルケル盗聴事件』処理に難儀するドイツ」です。6月にはドイツ連邦検察庁がメルケル首相の電話盗聴事件の捜査を正式に開始。7月にはCIAベルリン支局長に国外退去を命じ、対立が解けない米独関係。ドイツはさらに防諜体制を強化する方針です。

「専門家の部屋」では、「アメリカ」に「『中国の視点』から考えるTPP の政治経済学」(武内宏樹さん)の新エントリ。中国が既得権益構造を切り崩し「真の経済改革」を成し遂げるために、実はTPPは有効なツールとなりえます。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順