糸よりも細い線材がタイヤを変える――「高級鋼材」に賭ける鉄鋼業の世界との戦い 4

執筆者:船木春仁 2006年9月号
カテゴリ: 経済・ビジネス

 ここ十数年、東京で知る釜石(岩手県)のニュースは、寂しいものばかりだった。前人未到の日本選手権七連覇を成し遂げた新日鉄釜石ラグビー部は低迷し、一九九〇年には釜石製鉄所の高炉の火が消えた。しかし、見ると聞くとでは大違い。現地を訪ねると釜石は元気である。 市の人口は九万人から四万三二〇〇人に、新日鉄釜石製鉄所の従業員も最盛期の七八〇〇人から四〇〇人にまで減った。だが、構内用地への企業誘致が進み、そこで働く人の数は高炉休止時の二六〇〇人から四二〇〇人にまで増えている。耐震強化された公共埠頭の拡張工事や東北自動車道につながる高速道路の建設も進み、三陸の拠点となる港湾都市へと変身しようとしている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順