クリミアへの旅(6)「ジェノサイド」を語り継ぐタタール人作家 

国末憲人
執筆者:国末憲人 2014年10月15日
エリア: ヨーロッパ ロシア
 来し方をたんたんと語る……(筆者撮影、以下同)
来し方をたんたんと語る……(筆者撮影、以下同)

 ウクライナ・クリミア半島の少数民族クリミア・タタール人は、15世紀から18世紀にかけてこの地を支配したクリミア・ハン国の住民の子孫だといわれている。多くは穏健なスンニ派イスラム教徒で、トルコ語系の言語を話す。

 1944年、彼らはスターリンから対独協力の嫌疑をかけられ、中央アジアに強制移住させられた。この時の飢餓や強制労働による死者は、民族の半数近くに達したといわれる。ソ連崩壊の直前から故郷クリミア半島に帰還する運動が盛んになり、半島での現在の人口は27万人前後になった。ソ連とロシアに対する不信感が根強く、ロシアによる今年3月のクリミア半島併合にも激しく反発した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
国末憲人 1963年岡山県生まれ。85年大阪大学卒業。87年パリ第2大学新聞研究所を中退し朝日新聞社に入社。パリ支局長、論説委員を経て、現在はGLOBE編集長、青山学院大学仏文科非常勤講師。著書に『自爆テロリストの正体』『サルコジ』『ミシュラン 三つ星と世界戦略』(いずれも新潮社)、『ポピュリズムに蝕まれるフランス』『イラク戦争の深淵』『巨大「実験国家」EUは生き残れるのか?』(いずれも草思社)、『ユネスコ「無形文化遺産」』(平凡社)、『ポピュリズム化する世界』(プレジデント社)など。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順