クリミアへの旅(6)「ジェノサイド」を語り継ぐタタール人作家 

国末憲人
執筆者:国末憲人 2014年10月15日
エリア: ヨーロッパ ロシア
 来し方をたんたんと語る……(筆者撮影、以下同)
来し方をたんたんと語る……(筆者撮影、以下同)

 ウクライナ・クリミア半島の少数民族クリミア・タタール人は、15世紀から18世紀にかけてこの地を支配したクリミア・ハン国の住民の子孫だといわれている。多くは穏健なスンニ派イスラム教徒で、トルコ語系の言語を話す。

 1944年、彼らはスターリンから対独協力の嫌疑をかけられ、中央アジアに強制移住させられた。この時の飢餓や強制労働による死者は、民族の半数近くに達したといわれる。ソ連崩壊の直前から故郷クリミア半島に帰還する運動が盛んになり、半島での現在の人口は27万人前後になった。ソ連とロシアに対する不信感が根強く、ロシアによる今年3月のクリミア半島併合にも激しく反発した。

 このクリミア・タタール人社会で、最も著名な作家の1人がアブラジズ・ヴェリエフ氏(74)だ。強制移住を生き延びた彼は、半世紀近くにわたってジャーナリストとして活動する一方、作詞家としても名を成した。タタール語、ロシア語、ウズベク語による著書は50冊を超える。シンフェロポリ技術教育大学で教壇に立ち、同大学の科学研究センター長も務める。

 ヴェリエフ氏を、大学に訪ねた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
国末憲人
国末憲人 1963年生れ。85年大阪大学卒。87年パリ第2大学新聞研究所を中退し朝日新聞社に入社。富山、徳島、大阪、広島勤務を経て2001-04年パリ支局員。外報部次長の後、07-10年パリ支局長を務め、GLOBE副編集長、本紙論説委員のあと、現在はGLOBE編集長。著書に『自爆テロリストの正体』(新潮新書)、『サルコジ―マーケティングで政治を変えた大統領―』(新潮選書)、『ポピュリズムに蝕まれるフランス』『イラク戦争の深淵』(いずれも草思社)、『ポピュリズム化する世界』(ダイヤモンド社)、共著書に『テロリストの軌跡―モハメド・アタを追う―』(草思社)などがある。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順