【月】日蘭の恩讐、オバマケア、オバマ外交

執筆者:フォーサイト編集部 2014年11月17日

先週末、ボストン在住の内科医・大西睦子さんの「『共和党圧勝』で気になる『オバマケア』の行方」をアップロードしました。上下両院とも共和党が多数党となり、難しい政権運営を迫られるオバマ政権。米国民にとっての重大事であり、目玉政策でもあった「オバマケア」はどうなるのでしょうか。無料公開しています。

本日の更新記事は、西川恵さんの好評連載「饗宴外交の舞台裏」第197回「オランダ新国王も引き継いだ『日蘭』恩讐を越える道」です。今日の両国の良好で親密な関係の背景には、先の大戦での哀しい歴史を踏まえたオランダ女王と両陛下との信頼や心を尽くした配慮といった、いくつもの秘話がありました。

「専門家の部屋」では、「アメリカ」に「『マケイン上院軍事委員長』でオバマ外交は変わるか?」(足立正彦さん)の新エントリ。かつての共和党大統領候補、マケイン氏が上院の軍事委員会委員長に就任するのか注目されています。実現すれば、とかく批判が多いオバマ外交に少なからず影響を与えるかもしれません。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順