饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(107)

中国の複雑な胸中も覗いた安倍首相への“もてなし”

西川恵
執筆者:西川恵 2006年12月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾

 安倍晋三首相は十月八日、一泊二日で北京を訪問し、胡錦濤国家主席らと会談した。中国は安倍首相をどう瀬踏みしていたのか。そのもてなしから推測してみよう。 一連の行事と会談をこなした夜、人民大会堂で温家宝首相主催の晩餐会が開かれた。そのメニューである。 〈料理〉 前菜 燕の巣のスープ 伊勢海老ニンニク炒め マツタケと野菜炒め 牛のアキレス腱醤油煮込み クルミ入り焼きパイ 点心(デザート) 水果(フルーツ) 〈飲みもの〉 長城干紅〇二年(赤ワイン) 長城干白〇二年(白ワイン) 中国の歓迎宴の基本は、デザートを別にして、スープ一品と料理四品の「四菜一湯」。ゲストによって品数を増やすが、安倍首相は「四菜一湯」の基本構成。比較的あっさりした軽めの内容である。 参考までに二〇〇一年十月、首相就任半年後に初訪中した小泉純一郎首相の歓迎昼食会のメニューと比べてみよう。 前菜 山海の珍味スープ ふかヒレの煮込み 上海蟹のグラタン 鱈の甘味焼き まくわ瓜に茸の盛り合わせ 燕の巣のココナツミルク 点心(デザート) 水果(フルーツ)「六菜一湯」と、安倍首相より二品多い。また、ふかヒレ、上海蟹、燕の巣など、珍味、贅沢な食材を多用している。しかも小泉首相は昼食会。ふつうは昼食会より夕食会の方が重めなのにである。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順