テロリストの誕生(4)立てこもり事件・クリバリの「正義感」

国末憲人
執筆者:国末憲人 2015年4月3日
エリア: ヨーロッパ 中東

 ユダヤ人スーパー立てこもり事件の容疑者アメディ・クリバリが、師匠ジャメル・ベガルに再会するまでの軌跡を、しばらく追ってみたい。少し回り道になるが、彼のメンタリティーを垣間見ることができるだろう。

 クリバリがフルリ=メロジス刑務所に収監されていたのは、2005年1月31日から8月25日までである。その後いったん社会に復帰するのだが、少年時代から車上狙いや強盗を重ねてきた彼のことである。2007年、麻薬取引の罪で受けた1年半の禁錮刑を務めるため、同じ刑務所に舞い戻ってきた。前回の刑期中に窓越しの親交を深めたベガルは、もういない。すでにその前年の3月、別の刑務所に移されていた。

 ここで、クリバリはちょっとした英雄になる。刑務所の実態を暴く告発者としてである。

 

数カ月間の「隠し撮り」動画

 所持品が厳しく管理されているはずの刑務所内に、実際には様々な書物や機器が持ち込まれているのは、すでに述べた通りだ。クリバリは、仲間たちと共謀して、ビデオカメラ2台を入手した。

 クリバリとともに収監されていた仲間の発案に基づいて、5人の受刑者による「取材チーム」が結成された。彼らは数カ月にわたり、受刑者の生活実態をひそかに撮影して回った。総計2時間半に達した録画は持ち出され、2008年12月に『ルモンド』紙のサイトに動画として掲載された。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
国末憲人
国末憲人 1963年生れ。85年大阪大学卒。87年パリ第2大学新聞研究所を中退し朝日新聞社に入社。富山、徳島、大阪、広島勤務を経て2001-04年パリ支局員。外報部次長の後、07-10年パリ支局長を務め、GLOBE副編集長、本紙論説委員のあと、現在はGLOBE編集長。著書に『自爆テロリストの正体』(新潮新書)、『サルコジ―マーケティングで政治を変えた大統領―』(新潮選書)、『ポピュリズムに蝕まれるフランス』『イラク戦争の深淵』(いずれも草思社)、『ポピュリズム化する世界』(ダイヤモンド社)、共著書に『テロリストの軌跡―モハメド・アタを追う―』(草思社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順