行き先のない旅
行き先のない旅(53)

夢中になったロダンとピカソ

大野ゆり子
執筆者:大野ゆり子 2007年10月号
カテゴリ: 国際 文化・歴史
エリア: ヨーロッパ

 一九〇〇年のパリ。「ベルエポック」(良い時代)と歴史家があとから振り返って呼ぶように、この時代のフランスは戦争もなく、町には街灯がつきはじめ、次々と普及する自動車、電話など新しいテクノロジーが、明るい未来を約束するように見えた。このムードの頂点となったのが、パリ万博である。 主催者だったフランスをのぞくと、日本から出展された作品の数は、米国、英国に続いて二十八国中三番目に多い。ジャポニズムといわれる、日本に対する並々ならぬ関心の表れだろう。その中でもセンセーショナルな話題をさらったのは、女優・マダム貞奴こと川上貞奴の演技であった。当時、一世を風靡していた「女優サラ・ベルナールでも及ばない悲しみの表現」と批評家は絶賛し、彼女の演技を見たロダンやピカソは強い霊感を受けた。 当時のピカソは、パリに着いたばかり。まだ名もない画家だった訳だから、誰が紹介したのだろうか。とにかく、貞奴は次回公演のためのポスター制作を、ピカソに頼んだようである。その原案は現在、個人所有で公開されていないが、ある画集でこれを見る機会があった。 日本髪の貞奴が、瑠璃のような深い蒼の着物に黒い羽織を着て、帯らしきものを前に締めている。その姿の右には、漢字を真似たらしい曲線が、十五文字ほど並ぶ。貞奴はこれを見て、ポスターとしての採用を拒否したそうである。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
大野ゆり子
大野ゆり子 エッセイスト。上智大学卒業。独カールスルーエ大学で修士号取得(美術史、ドイツ現代史)。読売新聞記者、新潮社編集者として「フォーサイト」創刊に立ち会ったのち、指揮者大野和士氏と結婚。クロアチア、イタリア、ドイツ、ベルギー、フランスの各国で生活し、現在、ブリュッセルとバルセロナに拠点を置く。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順