80時間世界一周
80時間世界一周(39)

アモイを席捲した台湾企業の経営者が悩む「二家族問題」

竹田いさみ
執筆者:竹田いさみ 2007年11月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾

 中国のホテルにチェックインすると、フロントで正真正銘の「シングリッシュ」の洗礼を受けた。「シングリッシュ」とは、シンガポール人が操る英語のこと。福建語や広東語の強いアクセントが加味され、文法を超越して単語が徹底的に短縮された、独特の英語である。 経済特区アモイのホテルに、シンガポール人の従業員がいるのは何故か。尋ねてみると、数世代前の祖先がアモイ出身であったため、地縁と血縁を頼りにやってきたとの話であった。 日本人にとってアモイは、鄭和や鄭成功が活躍した古都として記憶されているはずだ。中国の都市名は日本語表記では普通は漢字が使われるが、福建省の港町アモイ(厦門)は、日本ではあまり使わない漢字でもあり、カタカナ表記されることが多い。 ニューヨークからロンドン、ジャカルタまで、世界中に居を構える華人は、その大半が福建省か広東省の出身者で占められている。前者であればアモイ、後者であれば香港から貨客船に乗り込み、新天地へと旅立っていったのだ。アモイは、世界中のチャイナタウンで活躍する華人の「ふるさと」だといっていい。 アモイにはアモイ大学と集美大学があるが、いずれもシンガポールで立身出世した「ゴム王」が私財を投じ、中国への恩返しにと建設したものだ。華僑博物館や華僑ホテルなど、市内の至る所に東南アジア系華人の資金力と存在感を示す建物が溢れる。これら東南アジア系華人と比肩する大きな存在感をもつのが、台湾人である。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
竹田いさみ
竹田いさみ 獨協大学外国語学部教授。1952年生れ。上智大学大学院国際関係論専攻修了。シドニー大学・ロンドン大学留学。Ph.D.(国際政治史)取得。著書に『移民・難民・援助の政治学』(勁草書房、アジア・太平洋賞受賞)、『物語 オーストラリアの歴史』(中公新書)、『国際テロネットワーク』(講談社現代新書)、『世界史をつくった海賊』(ちくま新書)、『世界を動かす海賊』(ちくま新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順