フィリピーナが日本人に死化粧を施す現場

出井康博
執筆者:出井康博 2008年4月号

 尿の臭いがツンと鼻をつく。悪臭を放つ老人の男性器を前に思わず息を飲んだ。手が震え、涙が溢れそうになってくる――。 一九九七年、フィリピン・ルソン島出身の大石ペニャフランシャさん(四二)は神奈川県の老人専門病院で介護スタッフとして働き始めた。その直後、入院患者のおむつ交換を初めて体験したときの記憶である。「仕事だとわかっていても、どうやって(性器に)触っていいのかわからなかったんです」 大石さんにとって介護の仕事は初めてのこと。介護ヘルパー養成講座などを受けた経験すらなかった。それでも初日のオリエンテーションを終えた翌日から、おむつ交換を始め他のスタッフ同様の仕事が待っていた。 男性患者の性器に恐る恐る手を伸ばし、丁寧に拭いているうち勃起してくるのがわかってギョッとした。自分に介護の仕事が本当に務まるのか。不安になって先輩の日本人スタッフに相談すると、こんな答えが返ってきた。「みんな最初は戸惑うんだから、心配しなくても大丈夫。ただし、とにかく患者さんに嫌な顔だけは見せてはダメよ」 そのひとことが、どんなに気を楽にしてくれたことだろう。そして大石さんはいま、後輩の介護ヘルパーを育成すべく教壇に立っている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
出井康博
出井康博 1965年岡山県生れ。早稲田大学政治経済学部卒。英字紙『THE NIKKEI WEEKLY』記者を経てフリージャーナリストに。月刊誌、週刊誌などで旺盛な執筆活動を行なう。主著に、政界の一大勢力となったグループの本質に迫った『松下政経塾とは何か』(新潮新書)、『年金夫婦の海外移住』(小学館)、『黒人に最も愛され、FBIに最も恐れられた日本人』(講談社+α文庫)、本誌連載に大幅加筆した『長寿大国の虚構 外国人介護士の現場を追う』(新潮社)、『民主党代議士の作られ方』(新潮新書)がある。最新刊は『襤褸(らんる)の旗 松下政経塾の研究』(飛鳥新社)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順