NGOが「国家まさり」の力を発揮する時代

執筆者:斎藤義彦 2008年8月号
カテゴリ: 国際

 航空機から投下されたり地上から発射される「親爆弾」が空中で分解、数百個の「子爆弾」を吐き出し、広範囲の目標を攻撃する。戦時中だけでなく戦後も不発弾が市民に死傷者を出している「クラスター爆弾」を事実上全面禁止する条約案が、今年五月、日英独仏など百十一カ国の賛成で採択された。条約案は十二月にノルウェーの首都オスロで署名され、三十カ国が批准すれば発効する。近年では珍しい軍縮の成功例だ。 立役者は「クラスター爆弾連合(CMC)」。八十の国の二百五十以上に及ぶNGO(非政府組織)の連合体が、国家と対等以上の仕事を成し遂げた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top