ジョン・マケインの「荒野の決闘」

名越健郎
執筆者:名越健郎 2008年8月号
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

 米共和党の大統領候補者、ジョン・マケイン上院議員(71)は“Maverick John”(一匹狼のジョン)と呼ばれる型破りな人物だ。 海軍士官学校に入ったものの、成績は悪く、ボクシングに熱中し、短気で乱暴な性格。平均以下のパイロットで、何度か墜落事故を起こした。 ベトナム戦争中の1967年、ハノイ空爆中に撃墜され、腕や足を骨折して捕虜に。拷問も受け、計5年半北ベトナムで捕虜生活を送った。内政では穏健派ながら、外交・国防はタカ派で、「イラクへの米軍恒久展開」を主張したこともある。 25年間連邦議員生活を送り、大統領候補としては最高齢。フレッシュなバラク・オバマ民主党候補(46)に比べて鮮度が落ちる。インターナショナル・ヘラルド・トリビューン紙(2月6日付)は大統領選をジャンケンにたとえ、「オバマはパー、マケインはグー、ヒラリーはチョキ」と書いていたが、現状ではオバマ候補に包み込まれる恐れがある。 米国務省のコンピューターで、オバマ候補の旅券記録を盗み見た職員が解雇された。 米国防総省のコンピューターで、マケイン候補の南北戦争従軍記録を盗み見た職員が解雇された。 記者団がオバマ、マケイン両候補に質問した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順