「ミニ・ソ連」樹立へロシアの野心が膨らむ

名越健郎
執筆者:名越健郎 2008年10月号
カテゴリ: 国際
エリア: ロシア

原油高のおかげで力を回復したロシアが“領土奪還”を窺っている。グルジア内の二地域ばかりか、ベラルーシから、さらに――。 八月にロシア軍によって占領されたグルジア中部の町ゴリを四年前に訪ねたことがある。首都トビリシから八十キロ。十二世紀にアルメニア人が作った人口五万の古い町で、オセチア系住民も多く、カフカス地方の人種の坩堝といった雰囲気だ。近隣の紛争地、南オセチア自治州から民兵が侵入し治安が悪いと、当時から住民が話していた。 ゴリは旧ソ連の独裁者スターリンの出身地。市内にはスターリンの小さな生家が保存され、立派なスターリン博物館やスターリン像があった。本名ヨシフ・ジュガシビリことスターリンは、この町では今も偉大な英雄である。 分離独立を図る南オセチア奪還を目指して開戦を命じたグルジアの親米派・サーカシビリ大統領一家もゴリに近い貧しい山村の出身。誕生日もスターリンと同じ十二月二十一日だ。ロシア軍の過剰報復を読みきれなかったサーカシビリには、スターリン的な独善的体質があった。 ゴリは今回、ロシア軍の怒涛のような進撃に蹂躙され、百人以上が死亡。空爆で一部のアパートが瓦礫の山と化したが、スターリン像やスターリン博物館は無事だった。スターリンが育てた秘密警察に長年勤務したプーチン首相がスターリンに敬意を表したのかもしれない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順