大恐慌は予防できるか

名越健郎
執筆者:名越健郎 2008年12月号
カテゴリ: 経済・ビジネス 金融

 米国発の金融危機が猛威を振るっている。ワシントン・ポスト紙が「1929年の再来か?」と書き、世論調査で6割の米国民が「大恐慌の到来」を憂慮するなど、約80年前の大恐慌の恐怖が公然と語られるようになってきた。 ニューヨークの証券市場はジェットコースター並みに乱高下し、証券4位のリーマン・ブラザーズは157年の歴史を閉じた。3番手のメリルリンチは買収され、保険最大手AIGは政府から巨額の公的資金を受ける。証券自由化を極限まで推進したブッシュ大統領は、大恐慌を招いたフーバー大統領と同一視され始めた。 米議会は総額7000億ドル(約70兆円)の公的資金を注入する金融救済法案を採択したが、金融街ウォールストリートのパニックは収まりそうにない。 株価の相次ぐ暴落で、ウォールストリートの名称が変わった。 新しい名称は、安売りのスーパーマーケットチェーンにちなんで、「ウォールマート・ストリート」と呼ばれる。 問 証券市場で100万ドルを得るにはどうしたらいいか? 答 200万ドルを投資することだ。 ニューヨークの証券マンがホテルにチェックインした。すると、ホテルマンが尋ねた。「宿泊ですか、それとも飛び降りですか」

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順