饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(136)

大勢の首脳が食卓につどった金融サミット「席次」の隠し味

西川恵
執筆者:西川恵 2009年5月号
エリア: ヨーロッパ

 ロンドンで開かれた金融サミット(G20)。前夜の四月一日、英首相官邸で開かれた夕食会には英国らしいプラグマティズムとウィットがあった。 首脳らはワーキングディナーのため、夫人たちとは官邸内の別々の広間に分かれて食事を堪能した。ただしメニューは同じで、ロンドンの有名レストラン「フィフティーン」のカリスマシェフ、ジェイミー・オリバー氏(三三)が担当した。「ブラウン首相から、英国にいかに素晴らしい食材と料理があるかを知らしめてほしい、と言われました」とオリバー氏。「なるべく質実に」との注文もついた。金融経済危機に取り組む会議で、贅沢な食事をしていると見られることは慎まねばならない。英政府には昨年の洞爺湖サミットも念頭にあったようだ。 福田首相が主催したこの晩餐会を、英紙はこぞって「資源と食糧価格高騰のさなか、首脳らはキャビアやウニなど十九皿の贅沢な料理を堪能した」と批判した。今回は会議開催に抗議するデモも起きている。G20首脳が結束したシグナルを世界に発信しなければならないとき、会議を艶消しにする事態は避ける必要があった。 菜食主義の人のことも考えて二種類のコースが作られた。 シェットランドのサーモンの燻製、アッケシソウと(菜食者用にヤギのチーズとサラダ)

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順