強欲資本主義の面の皮

名越健郎
執筆者:名越健郎 2009年5月号
カテゴリ: 国際 金融
エリア: 北米

 金融危機の泥沼が続く米国で、巨額の公的支援を受けて再建中の米保険最大手、AIGの幹部が、莫大なボーナスをもらっていたことが国民の怒りを買っている。AIGは税金から1730億ドルもの公的資金を注入され、破綻を免れているのに、3月に幹部社員約400人に支払われた賞与は計1億6500万ドルで、一人平均約4000万円。 グラスリー米上院議員(共和党)は、「AIGの幹部は日本人の例にならい、米国民の前でお辞儀をして謝罪し、辞任するか自殺したらどうか」と述べて波紋を呼んだ。 AIG側は「経営再建に有能な人材を集めるための措置」と説明するが、下院は賞与の9割納税を義務付ける法案を可決するなど、議会との対立がヒートアップしている。 AIGの役員に秘書が伝えた。「議会から早く公聴会に出席するようにとのことです」「ボーナスを数えるまで待つように言ってくれ」 オバマ大統領がAIGの高額賞与問題について、「強欲資本主義の結果だ」と述べた。 AIGの役員が言った。「大統領はわれわれを賞賛している」 経営破綻を招き、公的資金を注入された金融機関幹部の身の処し方――。 米国人なら、巨額の報酬を貰い、豪遊する。 日本人なら、謝罪して辞任し、自殺する。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順