国際人のための日本古代史
国際人のための日本古代史(5)

「天皇の政治利用」で身を滅ぼした恵美押勝

関裕二
執筆者:関裕二 2010年2月号
カテゴリ: 文化・歴史

 私利私欲のために天皇を利用すると、ろくなことにはならない。藤原仲麻呂(恵美押勝/七〇六―七六四)がいい例だ。 天平九年(七三七)、藤原不比等の四人の男子が天然痘で全滅すると、反藤原派が台頭し、藤原氏は一気に凋落する。 ところが藤原氏は、雑草のように生き残る。ここで登場したのが、藤原仲麻呂(不比等の孫)だ。仲麻呂は藤原氏の復権を企て、聖武天皇と激突する。 仲麻呂はまず、聖武天皇の息子で、藤原の血を引かぬ安積親王を密殺し(真犯人は分からぬが、仲麻呂がやったことは、ほぼ通説となっている)、聖武天皇を皇位から引きずり下ろすことに成功する。こうしておいて孝謙天皇(聖武天皇と光明子の娘)を皇位につけた。 聖武天皇が崩御されると、仲麻呂は聖武の遺詔(遺言)によって立太子した道祖王(天武天皇の孫)を排除し、自宅で飼い慣らしていた大炊王(天武天皇の孫。舎人親王の子)を皇太子に据えることに成功する。そして仲麻呂は、皇族と同等であるかのように振る舞いはじめた。 さらに、謀反を企んだとして、反藤原勢力を一網打尽にした。彼らの多くは「杖下に死んだ」と記録されている。つまり、裁きを受ける前に、拷問でなぶり殺しにされたのである。これが、橘奈良麻呂の変(七五七)だ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
関裕二
関裕二 1959年千葉県生れ。仏教美術に魅せられ日本古代史を研究。『藤原氏の正体』『蘇我氏の正体』『物部氏の正体』(以上、新潮文庫)、『伊勢神宮の暗号』(講談社)、『天皇名の暗号』(芸文社)など著書多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順