「共和党・茶会党連合」を訴える共和党有力者

足立正彦
執筆者:足立正彦 2010年9月28日
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

 ミシシッピー州のヘイリー・バーバー州知事がウォールストリートジャーナル紙に「GOP, Tea Party Unity Spells Defeat For Obama(共和党と茶会党の団結がオバマを敗北させる)」と題して今月21日に寄稿を行っている。共和党指導部の一人として共和党員と茶会党勢力との協調の必要性について大変率直な見解を示しており、とても興味深い内容だ。

 バーバーは3年前の07年にミシシッピー州知事選に再選を果たし、現在二期目であるが、昨年からは共和党州知事協会(RGA)の会長にも就任している。1993年から97年までは共和党全国委員会(RNC)の委員長を務め、94年中間選挙での共和党の歴史的勝利に大きく貢献した共和党有力者の一人でもある。

 バーバーは、圧倒的多数の茶会党支持者と共和党支持者が、経済、雇用、歳出、税制、財政赤字といった有権者が強い関心を示している問題について、ほぼ同じ考え方を共有しているとして、両勢力の協調の必要性を訴えている。

 今回の共和党予備選プロセスに茶会党候補が出馬したことを共和党員は歓迎すべきとバーバーは主張しているが、その理由として、仮に茶会党候補が無党派候補あるいは第三政党候補として11月の中間選挙本選挙に出馬した場合、オバマ政権やナンシー・ペロシ下院議長、ハリー・リード上院院内総務が率いる民主党議会が推進する政策に反対する保守層が完全に分断されていただろうと指摘している。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
足立正彦
足立正彦 住友商事グローバルリサーチ シニアアナリスト。1965年生れ。90年、慶應義塾大学法学部卒業後、ハイテク・メーカーで日米経済摩擦案件にかかわる。2000年7月から4年間、米ワシントンDCで米国政治、日米通商問題、米議会動向、日米関係全般を調査・分析。06年4月より現職。米国大統領選挙、米国内政、日米通商関係、米国の対中東政策などを担当する。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順