日米同盟への不安にお答えします。

執筆者:渡部恒雄 2010年9月30日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: 北米

 Mr_Quietさん、コメントありがとうございます(Mr_Quietさんのコメントはこちら)。「有事のときに本当に米国は日本を守ってくれるのか」という不安に私見を述べさせていただきます。軍同士の衝突のような明らかな軍事上の有事でしたら、ほぼ間違いなく米国は軍事的に対処するでしょう。それは、日本の領域を守ることは、在日米軍を守ることであり、東アジアにおける自国のプレゼンスを維持することであり、それが東アジア地域の安定を守ることであり、米国は東アジアの安定の上に立つ経済利益に大きな利益を有しているからです。このように基本的な利益の一致があるからこそ、日米同盟というのは、50年以上の長期にわたり維持されているわけです。

 ただし問題は、明確な軍隊による紛争のような有事でなく、たとえば、武装した漁民が尖閣に上陸して占拠する、といったグレーゾーンにあるケースです。おそらく、このようなケースでは、米国は不必要な紛争発生を避けるために、できるだけ介入を渋り、日本の海上保安庁等での独自の対処を優先させ、軍事紛争が避けられないという状況になるまでは介入をためらうと思われます。そのグレーゾーンの間は日本が独自に対処せざるを得ません。これは独立国なのですから当然のことです。ただし、それが軍事的なものにエスカレートした場合に米軍が共同で行動するという裏打ちがあることは、日本にとっては大きな利益と考えたほうがいいでしょう。相手もそれがあるから、簡単には行動をエスカレートさせることはできません。このあたりは日本の財産です。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
渡部恒雄 わたなべ・つねお 東京財団上席研究員。1963年生れ。東北大学歯学部卒業後、歯科医師を経て米ニュースクール・フォー・ソーシャルリサーチで政治学修士号を取得。1996年より米戦略国際問題研究所(CSIS)客員研究員、2003年3月より同上級研究員として、日本の政党政治、外交政策、日米関係などの研究に携わる。05年に帰国し、三井物産戦略研究所を経て現職。著書に『「今のアメリカ」がわかる本』など。
comment:3
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順