内閣改造から見る仏サルコジ政権の今後

国末憲人
執筆者:国末憲人 2010年11月24日
カテゴリ: 国際 金融
エリア: ヨーロッパ

 ふたを開けたら何のことはない。全然変化がないじゃないか、と思った人も多かっただろう。フランスで11月14日に発表された新内閣。サルコジ大統領は、前日に辞表を提出したフィヨン首相を再び首相に指名した。
 当初6割を超えた大統領への支持率は、政権発足から3年半を経て3割台に後退し、閉塞感が広がり始めていたころだった。ラファラン元首相が「現状維持の気分を払拭せよ」と公然と首相交代を求めるなど、刷新を期待する声は与党「大衆運動連合」(UMP)内からも上がっていた。

大統領の「権力減退」を象徴

変化に乏しい新内閣の布陣(前列左からアリオマリー外相、フィヨン首相、サルコジ大統領、ジュペ国防相、コシウスコモリゼ環境相) (c)EPA=時事
変化に乏しい新内閣の布陣(前列左からアリオマリー外相、フィヨン首相、サルコジ大統領、ジュペ国防相、コシウスコモリゼ環境相) (c)EPA=時事

 なのに、結果的に首相以下、オルトフー内相、ラガルド財務相、シャテル国民教育相といった主要閣僚が軒並み留任した。副首相格の国務相兼外相にアリオマリー法相が横滑りし、同格の国務相兼国防相にはジュペ前環境相が返り咲いた。唯一の話題は、アリオマリー新外相の私生活でのパートナーであるパトリック・オリエ氏が議会関係担当相に就任し、フランス初の「夫婦で大臣」が実現した程度、と揶揄される始末だ。  直後の世論調査では、64%の市民が「新内閣を信頼できない」と回答。端から期待の薄い出発となった。  仏メディアの多くは、この人事を「サルコジの権力の減退ぶりを象徴するもの」と受け止めた。当初目論んでいた首相交代を実現できず、再任を果たしたフィヨン首相の影響力が強化されたうえ、サルコジ大統領から距離を置いていたコペ国民議会(下院)UMP議員団長が党事務局長に就任して発言権を強めたからだ。  フィヨン首相をすげ替える構想は、半年ほど前に大統領府(エリゼ宮)のスタッフの中から上がってきたという。フィガロ紙によると、この夏首相と会った大統領は「2人でいろんなことをやったが、3年半は長すぎるわな」と、慰労と取れる言葉を漏らした。フィヨン氏の方もサルコジ氏について「私の指導者、というわけではない」と述べるなど、大統領と距離を置き始めた。政権にとって今年最大の懸案事項は年金制度改革だったが、10月に入って成立の見通しが立つようになった。これを花道としての首相退任は、ほぼ確定的と見られていた。  後継としてエリゼ宮のスタッフらが期待したのは、UMPの一角を担う小政党「急進党」党首のボルロー国務相兼環境相だった。北部のかつての炭鉱都市バランシエンヌの市長として崩壊状態だった街の再建を成し遂げ、福祉や社会政策に通じた政治家として一躍名を上げた。その気さくな態度と庶民的な風貌から大衆人気も高い。政治的立場は中道で、右派本流のサルコジ大統領と路線が異なるだけに、大統領が再選に向けて支持基盤を広げるためにも有効だと見られた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
国末憲人
国末憲人 1963年生れ。85年大阪大学卒。87年パリ第2大学新聞研究所を中退し朝日新聞社に入社。富山、徳島、大阪、広島勤務を経て2001-04年パリ支局員。外報部次長の後、07-10年パリ支局長を務め、GLOBE副編集長、本紙論説委員のあと、現在はGLOBE編集長。著書に『自爆テロリストの正体』(新潮新書)、『サルコジ―マーケティングで政治を変えた大統領―』(新潮選書)、『ポピュリズムに蝕まれるフランス』『イラク戦争の深淵』(いずれも草思社)、『ポピュリズム化する世界』(ダイヤモンド社)、共著書に『テロリストの軌跡―モハメド・アタを追う―』(草思社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順