「待機児童ゼロ」はどうなった

執筆者:フォーサイト編集部 2010年12月7日

 本日の更新記事は、鈴木亘さんの「『得点ゼロ』に終わった待機児童ゼロ特命チーム」。時の人、村木厚子・元厚生労働省局長を事務局長に据え、話題と期待を集めた待機児童ゼロ特命チーム。しかし、先月末に発表された緊急対策は全く中身のないものでした。何も決められない菅政権が続くことによる弊害の典型例と言えそうです。
  「専門家の部屋」では、2つの新エントリ。

 「『武器輸出三原則の見直し』はどうなるか?」(行政ウォッチング):いま問題になっている「三原則見直し」は、正確にいえば「三原則を超えた全面禁止の見直し」。社民党の観念的な議論に付き合う必要はあるのでしょうか。
 「オバマに求められる経済界との関係修復」(アメリカ):「学者偏重」で成果をあげられなかったこれまでのオバマ政権の経済政策。今は大胆な人事刷新で、経済界との関係を修復するチャンスです。

 

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順