饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(26)

こんなにも相撲が好きなシラク大統領

西川恵
執筆者:西川恵 2000年2月号
カテゴリ: 国際 社会
エリア: ヨーロッパ 日本

 七月に沖縄で開かれるサミット(主要国首脳会議)の理解と協力を得るため欧州を歴訪した河野外相は、一月十四日、フランスのエリゼ宮(仏大統領官邸)でシラク大統領と会談したが、良く知られた大統領の親日家ぶりがここでも如何なく発揮された。「沖縄には二十年ほど前に行ったが、豊かな文化の地で、焼き物美術館が素晴らしく、料理も美味しかった。今度も沖縄伝統料理を食したいし、東京や京都、奈良にも行きたい。名古屋では大相撲も見たい。いつも日本に行くのは楽しく、帰りはつらい」 さらには、つい数時間前に六日目を終えた初場所に触れ、「五勝一敗で五人の力士が並びましたね」と語った。びっくりしたのは河野外相である。 シラク大統領の相撲愛好ぶりはつとに知られている。本場所が始まると、在日フランス大使館の広報部長オリヴィエ・バラ氏からエリゼ宮に、その日の取り組みの星取り表がファックスされる。日本とフランスの時差は冬季だと八時間。丁度、大統領が執務を開始する頃に手元に届くことになる。 バラ氏は日本に赴任して一年半。弁護士から、外務省試験にパスして外交官に転じた。本省では武器輸出の許認可審査という難しい部署の責任者だったが、外交官として最初の任地である日本で相撲をカバーすることになるとは考えてもみなかったろう。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順