僻地旅行の楽しみ

成毛眞
執筆者:成毛眞 2001年11月号
カテゴリ: 文化・歴史

 今年の九月に四十六歳になった。にもかかわらず、スペインやドイツはおろか、イギリス、フランスにも行ったことがない。シンガポールも上海も知らない。外資系企業(マイクロソフト)に二十年近く勤めていたくせに、ひどい外国音痴である。 その代わりエジプト、中国の内モンゴル自治区、新疆ウイグル自治区など、日常のビジネスや現代文明から距離のある国や地域へは毎年、足を運んできた。全行程エコノミー・クラスで移動し、現地の友人を通訳代わりにかりだす。ゴールド・カード持参のくせに、無銭旅行気分をあじわうのが目的だ。 こういう僻地を旅行する時には、意味もなく携帯燃料やアルファ化赤飯などを持参する。水濾過器や簡易GPSなども携行品だ。本当は使いかたも知らない。実際に役に立つのはリュックに入れておいた昔の冒険家の本である。何十年も前の探検家が辿った足跡を車で移動するだけでも、どきどきするからだ。 一方、ケニア、ネパール、ベトナムなど西欧近代文明の残滓のような国へは家族で旅行する。ビジネスクラスで往復し、現地ガイドを全行程つける。いわば旗本一家のお伊勢参りのようなものだ。二十世紀前半に西欧資本家が作り上げた、テーマパーク型冒険の遺産に泊まる旅である。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
成毛眞
成毛眞 中央大学卒業後、自動車部品メーカー、株式会社アスキーなどを経て、1986年マイクロソフト株式会社に入社。1991(平成3)年、同社代表取締役社長に就任。2000年に退社後、投資コンサルティング会社「インスパイア」を設立。さまざまなベンチャー企業の取締役・顧問、早稲田大学客員教授ほか、「おすすめ本」を紹介する「HONZ」代表を務める。著書に『本は10冊同時に読め!』『日本人の9割に英語はいらない』『就活に「日経」はいらない』『大人げない大人になれ!』『ビル・ゲイツとやり合うために仕方なく英語を練習しました。 成毛式「割り切り&手抜き」勉強法』など(写真©岡倉禎志)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順