饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(50)

「日英同盟百周年」に見えた英国の構想力

西川恵
執筆者:西川恵 2002年2月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

 一月三十日は日英同盟締結百周年だったが、歴史の彼方に押しやられた感のあるこの同盟に両国のマスコミはほとんど関心を示さず、両国政府も特段の行事を行なわなかった。 奇しくもその前日、テロ対策支援法に基づきインド洋に派遣されている海上自衛隊の補給艦「とわだ」が英海軍の補給艦に燃料補給を行なった。安全保障上、両国関係にとって画期的なことだったが、記者発表でも日英同盟百年との符合には触れられなかった。 両国政府が日英同盟に触れるのに慎重だったのは、それが及ぼす負の影響を考えざるを得なかったからだ。同盟は南下政策をとるロシア阻止を想定した日英の軍事、政治的提携であり、日本の朝鮮半島植民地化を是認し、中国大陸進出の足がかりとなった。同盟が二三年に失効した後、両国は第二次大戦で衝突した。この歴史的事実、関係国の利害に目をつぶり、同盟を回顧する訳にはいかないのは当然だった。 ただ興味深いのは、アフガニスタンなど昨今の中央アジアへの関心の高まりで、日英同盟の位置づけについて、より広い観点から光が当てられつつあることだ。すでに英国の元ジャーナリストで作家のピーター・ホップカーク氏が指摘していることだが、中央アジアをめぐる十九世紀以来の英国とロシアの覇権競争、いわゆるグレート・ゲームの一環として日露戦争(一九〇四年)があったとの解釈だ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順