仏大統領選「ルペン・ショック」はなぜ起こったか

渡邊啓貴
執筆者:渡邊啓貴 2002年6月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

フランス大統領選の決選投票に極右候補が残るという前代未聞の事態。しかし、極右支持率は今回、急激に増加したわけではない。憂うべきはむしろ、極右現象がフランス社会に着実に根付いてきていることだ。[パリ発]五月五日、決選投票が行なわれたフランス大統領選挙では、共和国連合(RPR)のジャック・シラク大統領が八二・二一%というフランス第五共和制始まって以来の高い支持率を獲得して圧勝した。しかし、台風の目となったのは排外主義者の極右、国民戦線(FN)のジャンマリ・ルペン党首。ルペンは四月二十一日に行なわれた第一回投票で一六・八六%を獲得して、シラクとの決選投票に漕ぎつけたからである。 第一回投票の後、ルペンは「勝利」を謳歌しながら、シラクとテレビで対談する意思を表明し、「シラクは私に会わなかったとは言えないだろう」と意味深長な発言を行なっていた。八八年大統領選挙でシラクがミッテランと激しい選挙戦を展開していた折、極右の支持票を得ようとしてシラクがルペンに二回も会ったという噂を裏付けるような発言だった。 他方、左派のショックは大きかった。この日の夜八時、第一回投票の開票予測が大型TVスクリーンで発表されるや、社会党本部は悲鳴と怒号でパニック状態に陥った。大統領選でルペンの後塵を拝したリオネル・ジョスパン首相の政界引退表明で再び支持者の悲鳴にも似たブーイングが巻き起こったが、やがてそれは茫然自失の支持者たちの涙に変わった。その夜から学生や労組を中心とする街頭デモが連日繰り広げられ、フランスは政治の大きなうねりに揺れた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
渡邊啓貴
渡邊啓貴 東京外国語大学大学院総合国際学研究院教授。1954年生れ。パリ第一大学大学院博士課程修了、パリ高等研究大学院・リヨン高等師範大学校客員教授、シグール研究センター(ジョージ・ワシントン大学)客員研究員、在仏日本大使館広報文化担当公使(2008-10)を経て現在に至る。著書に『ミッテラン時代のフランス』(芦書房)、『フランス現代史』(中公新書)、『ポスト帝国』(駿河台出版社)、『米欧同盟の協調と対立』『ヨーロッパ国際関係史』(ともに有斐閣)『シャルル・ドゴ-ル』(慶應義塾大学出版会)『フランス文化外交戦略に学ぶ』(大修館書店)『現代フランス 「栄光の時代」の終焉 欧州への活路』(岩波書店)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順