情報や善意を交換しに今日も夜の街へ

成毛眞
執筆者:成毛眞 2002年6月号
カテゴリ: 文化・歴史 金融

 仕事柄、いろいろな会社と付き合いがある。業種も、土木建設業からナノテクノロジー、農業から航空までと千差万別。投資会社といえども金融機関の端くれだから当然だ。ただし、我が社のように数十人の社員しかいない場合、必ずしも専門家がいるとは限らない。会社どころか産業すら知らずに投資するわけにはいかないから、何らかの方法で調査が必要になる。 一般的に調査は専門の機関や役所などのヒアリングから始めるのが普通だろうが、僕は新聞記者から始めるケースが多い。理由の第一は無料であること。おおむね記者は、会見や取材で人の話を聞いて朝から晩まで過ごしている。しかし、その出口は一編の記事だけだったりするので、鬱憤が溜まっていることが多い。締め切り後などの時間帯に彼らを襲えば、よろこんで情報を教えてくれる。 第二に新聞記者の多くは、若いくせに取材先の社長を良く知っている。まったく侮れない。経営者の記者に対する言動を聞くだけでも非常に参考になる。商品を売り込み続ける人、ひたすら警戒する人、思想家風情の人など客観的な事実を聞くだけで、出資という利害関係の絡む面談調査では得られない情報を手にすることが出来る。 しかし全く無料かというと、そうでもない。「情報という通貨」のやり取りが実際には発生しているからだ。この場合、こちらから差し出す情報が自社ネタではあとが続かないし、直接記事になるような他社情報ではまるで密告屋になってしまう。そこで、後日かれらがコラムに書けるようなエピソードを提供するのが筋ということになるが、ほとんどが馬鹿話のようになるのはご愛嬌。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
成毛眞
成毛眞 中央大学卒業後、自動車部品メーカー、株式会社アスキーなどを経て、1986年マイクロソフト株式会社に入社。1991(平成3)年、同社代表取締役社長に就任。2000年に退社後、投資コンサルティング会社「インスパイア」を設立。さまざまなベンチャー企業の取締役・顧問、早稲田大学客員教授ほか、「おすすめ本」を紹介する「HONZ」代表を務める。著書に『本は10冊同時に読め!』『日本人の9割に英語はいらない』『就活に「日経」はいらない』『大人げない大人になれ!』『ビル・ゲイツとやり合うために仕方なく英語を練習しました。 成毛式「割り切り&手抜き」勉強法』など(写真©岡倉禎志)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順