日本に舞うのは「ひ弱なハゲタカ」?

執筆者:川原吉史 2003年5月号
カテゴリ: 経済・ビジネス 金融

外資系ファンドはみんな悪くて脅威なのか。「十把ひとからげ」の議論では見えない企業再生市場のお寒い実情――。 米系の買収ファンド、ローンスターが日本のM&A(合併・買収)市場を席巻している。「日本での投資規模は他の外資系ファンドを上回る最大規模」(市場関係者)。日本参入は一九九七年、当初は銀行の不良債権への投資が中心だったが、翌年から金融機関や事業会社の不稼働になった不動産への投資に進出した。 その後は企業買収に本格的に乗り出し、九九年九月のミネベア信販(現スターファイナンス)の買収を皮切りに、野村ファイナンス(現あたごファイナンス)、東京相和銀行(現東京スター銀行)、東京シティファイナンス、ファーストクレジット、地産、目黒雅叙園と、一気にビジネスを拡大してきた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top