中国に「メディア王」は誕生するか?

執筆者:畑実生 2003年7月号
エリア: 中国・台湾

 北京の民間企業、星美伝媒(ステラー・メガメディア)が、香港上場のメディアや娯楽産業に対する買収攻勢を強めている。企業の経営者は、三十五歳の実業家・覃輝氏。最近では、香港最大の映画制作・配給会社、ゴールデン・ハーベストの経営権獲得を画策していることも発覚し、証券市場を驚かせている。 覃氏が狙うのは、ゴールデン・ハーベストの会長で、「香港の映画王」として知られた鄒文懐氏が握る三一・三%の株式。ゴールデン・ハーベスト社は、「複数の第三者と株式売却の交渉を開始しているが、会長保有株を売却する可能性はない」とコメントしている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top