「恐怖統治」下の北朝鮮(上)進む「人工衛星」打ち上げ準備

平井久志
執筆者:平井久志 2015年6月25日
エリア: 朝鮮半島

 北朝鮮メディアは5月3日、金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が新たに建設された国家宇宙開発局衛星管制総合指揮所を現地指導したと報じた。
 金正恩第1書記は「平和的な宇宙開発は朝鮮労働党と人民が選択した道、先軍朝鮮の合法的な権利だ」と述べた。この上で「人工衛星製作および打ち上げ国としてのわれわれの地位は、敵対勢力が否定するからといって決して変わるのではなく、宇宙の開発は誰かが反対するからといって諦める事業ではない」とし、「チュチェ朝鮮の衛星は今後も、党中央が決心する時間と場所で次々と宇宙に向かって打ち上げられるだろう」と強調した。
 金正恩第1書記のこの発言は、北朝鮮が2012年12月の「光明星3号2号機」発射に続く人工衛星発射を準備していることを明らかにしたものとみられる。そうなれば、人工衛星発射は事実上の長距離弾道ミサイルの発射実験であり、国際社会から強い反発の声が上がることは必至だ。

 

自宅で「発射」を指揮?

「国家宇宙開発局」は北朝鮮の宇宙開発事業を担当する部署で、「衛星管制総合指揮所」は人工衛星打ち上げを実施する管制センターである。2012年12月には平壌にある従来の指揮所で打ち上げが指揮されたが、今回、これに代わる管制センターを完成させたということだ。朝鮮中央通信によると、新指揮所の広さは1万3770平方メートルで、本棟や遠隔測定所、軌道測定所、中継送信所などの施設があるとみられている。
 韓国の聯合ニュースは5月5日に、昨年9月撮影のグーグルアースの衛星写真を分析した結果、この指揮所は平壌中心部の普通江区域にあり、金正恩第1書記が時々使う邸宅から約400メートルしか離れていない場所にあると報じた。同ニュースは、北朝鮮が人工衛星を発射する場合に、金正恩第1書記がこの邸宅に滞在しながら発射を指揮する可能性を指摘した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平井久志
平井久志 ジャーナリスト。1952年香川県生れ。75年早稲田大学法学部卒業、共同通信社に入社。外信部、ソウル支局長、北京特派員、編集委員兼論説委員などを経て2012年3月に定年退社。現在、共同通信客員論説委員。2002年、瀋陽事件報道で新聞協会賞受賞。同年、瀋陽事件や北朝鮮経済改革などの朝鮮問題報道でボーン・上田賞受賞。 著書に『ソウル打令―反日と嫌韓の谷間で―』『日韓子育て戦争―「虹」と「星」が架ける橋―』(共に徳間書店)、『コリア打令―あまりにダイナミックな韓国人の現住所―』(ビジネス社)、『なぜ北朝鮮は孤立するのか 金正日 破局へ向かう「先軍体制」』(新潮選書)『北朝鮮の指導体制と後継 金正日から金正恩へ』(岩波現代文庫)など。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順