国際人のための日本古代史
国際人のための日本古代史(83)

「日本書紀」が隠した「天皇家」と「縄文商人」のつながり

関裕二
執筆者:関裕二 2017年2月10日
カテゴリ: 文化・歴史
エリア: 日本
縄文時代に「流通の要衝」だった対馬にある和多都美神社(筆者撮影)

 

 沖縄県中頭郡北谷町(ちゃたんちょう)の平安山原(はんざんばる)B遺跡から見つかった縦横5センチの土器破片が、縄文時代晩期(3000年からニ千数百年前)の東北地方の大洞A式土器(亀ヶ岡式土器)にちがいないと報告された(2017年1月24日、北谷町教育委員会)。沖縄で初めてみつかった縄文土器である。

 東北の人々が直接沖縄にもたらしたわけではないだろう。航海術に長けた海人(あま)と商人の存在を想定すべきだ。縄文商人はすでに「陸路」と「航路」を開き、「ネットワーク」を確立していた。黒曜石は産地から遠く離れた場所に運ばれていたし、縄文人は貝を保存食にして内陸部に運んでいた。目的は交易であり、その残骸が貝塚である。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
関裕二 1959年千葉県生れ。仏教美術に魅せられ日本古代史を研究。『藤原氏の正体』『蘇我氏の正体』『物部氏の正体』(以上、新潮文庫)、『伊勢神宮の暗号』(講談社)、『天皇名の暗号』(芸文社)など著書多数。最新刊に『「死の国」熊野と巡礼の道: 古代史謎解き紀行』 (新潮文庫)がある。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top