日銀「マイナス金利」正常化「出口戦略」にこれだけの「難題」と「障壁」

執筆者:鷲尾香一 2017年7月10日
エリア: 日本
発言の変化は苦慮の表れでもある(C)EPA=時事

 

 日本銀行による大規模な金融緩和「マイナス金利」政策からの「出口戦略」に関する議論が喧しい。その背景には、黒田東彦日銀総裁の金融政策に対する発言の変化がある。

 5月15日に開催された『ウォール・ストリート・ジャーナル』主催のイベントで、黒田総裁は出口戦略について、「日銀は十分なツールを持っている」「誰が次の総裁になっても、うまく対応できると確信している」などと発言した。これまで、出口戦略について問われるたびに「時期尚早」との常套句を繰り返すだけだったことを考えれば、大きな変化と言える。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
鷲尾香一 金融ジャーナリスト。金融業界紙、通信社などを経てフリーに。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top