マドリッド「内視鏡治療講習会」体験記

執筆者:医療ガバナンス学会 2017年10月27日
カテゴリ: 国際 医療
エリア: ヨーロッパ 日本
スペインの医師に指導をする講師の前田医師。手術台には麻酔で眠らせた豚が(筆者提供、以下同)

 

【筆者:齋藤宏章・仙台厚生病院消化器センター消化器内科研修医】

 私は今年の4月から宮城県仙台厚生病院消化器内科に後期研修医として勤務している。スペイン・マドリッドの大学病院で行われた内視鏡治療の講習会を見学するという貴重な経験をしたため、報告したい。

 私の勤めている仙台厚生病院の消化器内科は食道、胃、十二指腸、大腸の早期のがん病変を胃カメラや大腸カメラなどを用いて内視鏡的に切除する、「内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)」治療を盛んに行っている。ESDとは、通電する小さなナイフなど様々な道具を用いて、消化管の表面にできた腫瘍をはぎとる治療法である。外科的な手術に比べて侵襲が少なく、術後に生活に与える影響も小さく、早期のがんの治療には非常に有効だ。当院では、この治療を行える医師が複数人在籍しているが、そのうちの1人である前田有紀医師が、10月2日、3日にスペインのマドリッドで行われた「International ESD Live Madrid 2017」に講師として招待された。私は日頃から、前田医師に指導を受けている。指導医が海外で治療を行うという貴重な機会であり、私も同行させていただいた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
医療ガバナンス学会 広く一般市民を対象として、医療と社会の間に生じる諸問題をガバナンスという視点から解決し、市民の医療生活の向上に寄与するとともに、啓発活動を行っていくことを目的として設立された「特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所」が主催する研究会が「医療ガバナンス学会」である。元東京大学医科学研究所特任教授の上昌広氏が理事長を務め、医療関係者など約5万人が購読するメールマガジン「MRIC(医療ガバナンス学会)」も発行する。「MRICの部屋」では、このメルマガで配信された記事も転載する。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top