「ワリヤーグ」は各国技術の寄せ集め

執筆者: 2011年8月23日

 去る8月10日に、中国海軍最初の空母が大連から試験航海に出港した。この空母は、旧ソ連時代、ロシア海軍向けに「アドミラル・クズネツォフ」級空母の2番艦「ワリヤーグ」としてウクライナのニコライエフ南造船所で建造中であった。ところが、1992年に工事が約70%進行した状態で建造が中断され、1998年に中国がそれを購入して運用できるように改造した。

 中国が購入した時点では、軍事に供さないという見込みから、各種装備品はもちろんのこと、推進機関まで取り外され、船体のみ大連まで曳航された。しかし、2002年3月に大連到着後は、中国海軍の造船関係者をはじめ、あらゆる部門の技術者による調査が行なわれた。同時に、空母再生に向けての工事が開始され、7~8年にわたる作業を経て修復が完了し、練習空母(満載排水量58,500トン、全長304メートル)として出港に漕ぎ着けた。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top