時価総額逆転 もう一つのXデー

執筆者: 2007年10月号
エリア: 中国・台湾

 八月二十九日付の英フィナンシャル・タイムズ紙は「香港上場の中国企業株を含む中国の株式市場の時価総額が日本よりも大きくなった」と報じた。金融情報配信会社ブルームバーグのデータによれば、八月末日時点で、日本の時価総額は米ドル建てで四兆七千四百八十三億ドルだった。同じ日に、中国本土は三兆八百九十四億ドル、香港は二兆二千七百五十七億ドルで、合計すると五兆三千六百五十一億ドルであり、日本よりも大きくなっている。 時価総額は、株式会社の現在の価値だけでなく、会社が現在から将来にわたって生み出す利益、つまり将来性を加味して現在時点で評価した金額であると解釈できる。中国の株式市場の時価総額が日本よりも大きくなるということは、一時的な人気だけでなく、中国の株式会社の方が日本の株式会社よりも将来性が高いと、株式市場で評価されていることを意味する訳だ。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top