反テロと兵器売買で接近 米印イスラエル「三国枢軸」

執筆者: 2003年10月号

 中東の緊張が再び高まる中、イスラエルのシャロン首相が三日間、インドを訪問した。両国の関係緊密化の裏でささやかれているのが米国を加えた「三国枢軸」の動きだ。 インドは非同盟運動の雄として、これまでパレスチナ自治の大義を支持してきた。しかし冷戦終結後、新たな兵器の調達先としてイスラエルに急接近し、今回、イスラエル首相による初の訪印が実現した。 両国間ではイスラエルの空中警戒管制システム「ファルコン」をインドが導入する商談が合意間近だが、これは三年前にイスラエルが中国に売却しようとして米国が「待った」をかけた代物。インドには売却を認めた米国に中国が反発するのは間違いない。

カテゴリ: 国際
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top