【論壇チャンネル「ことのは」】河野有理×中真生「いま、『父性』を問い直す」

執筆者:論壇チャンネルことのは 2022年3月17日
カテゴリ: 社会
エリア: アジア
出産する性である女性しか「母親」になれないのか。「生殖」から人間を捉えなおし、老若男女、血縁の有無を問わず、誰でも育児にコミットできるよう「育児」を解放する。気鋭の哲学者・中真生氏と政治学者・河野有理氏が、新たに「父性」と「母性」を再考する。

*お二人の対談内容をもとに編集・再構成を加えてあります。

「父親/母親らしさ」の規範から降りる

河野 まずは本書(中真生『生殖する人間の哲学 「母性」と血縁を問い直す』〔勁草書房〕)を書かれた経緯をお聞かせください。

 過去に書いた論文を集めて、練り直しました。一番古い論文は10年くらい前、子どもが生まれた後のものですね。そういう生活環境の変化によって、生殖という観点から哲学ができないかと考え始めました。人間を考える時に、これまであまり着眼点にならなかった「生殖」から人間を見たら、どんなことが言えるかというのがきっかけの一つ。もう一つは、母はこういうものだという思い込みを再考したいという思いがありました。とりわけ、子どもを産むことは特別なのかということを考え直したかったのです。出産よりも、その後の育児のほうが長いわけですから、母親と父親は本質的に違うものではないのではないかという点を考えたいと思いました。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
執筆者プロフィール
論壇チャンネルことのは 文明・人間・日本を語る「動画の論壇誌」として、2021年11月より有料放送を開始致しました。現代日本を代表する論客の番組を多数配信し、新たな時代の思想の地平を切り開いていきます。YouTubeメンバーシップ月額1190円で、ライブ放送やアーカイブ動画等がご利用になれます。詳細はホームページをご覧ください。https://www.kotonoha-rondan.com/
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top