大統領はソファで眠る

名越健郎
執筆者:名越健郎 2004年9月号
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

「感傷的で、気ままで、退屈」――。クリントン前米大統領の話題の回想録『マイライフ』について、ニューヨーク・タイムズ紙は辛口の評価を下したが、初版150万部はすぐに売り切れ、増刷が続いている。 分厚い自伝で最も注目された部分は、「モニカ・ゲート」こと、元ホワイトハウス実習生、モニカ・ルインスキーさんとの不倫事件だった。クリントン時代の8年間は冷戦後の国際的安定と好景気に恵まれ、比較的問題の少なかった時代。それが逆に、大統領の不倫を必要以上にクローズアップさせ、クリントン氏にとっては不運だった。 クリントン氏が回想録で、「不倫告白後、わたしはリビングルームのソファで寝ることになり、それは2カ月以上続いた」と告白した。 これを読んだ読者の感想――。「クリントンがヒラリーと寝室を共にしていたことの方が驚きだ」 問「クリントン氏が回想録を957ページも書いたのはなぜか」 答「彼は任期中も太めを好んだ」 クリントン氏が著書サイン会であいさつした。「この本はわたしのオーラル・ヒストリーだ。わたしのことをよく知らない人にも読んでもらいたい。……ヒラリーにもだ」 クリントン氏が回想録で、不倫の背景について、「およそ考えられる最悪の理由でやってしまった。ただ単に、それが可能だったからだ」と書いているのを読んで、ルインスキーさんが激怒した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順