「新日鐵・住金」を経営統合させた世界鉄鋼地図

執筆者:新田賢吾 2011年2月16日
新興国需要を取り込まなければ生き残る道はない(中国の製鉄所)(c)EPA=時事
新興国需要を取り込まなければ生き残る道はない(中国の製鉄所)(c)EPA=時事

 新日本製鐵と住友金属工業が2012年10月に経営統合に踏み切ることを決めた。鉄鋼業界の国内トップと3位の事実上の合併は、10年前であれば国内の産業再編の大ニュースだっただろう。だが、統合発表のニュースが流れた2月3日の夕方、産業界、金融界には驚きの声も興奮もなかった。産業界、金融界で相次ぐ大型の経営統合、M&A(企業の合併・買収)でニュースが与える刺激の「閾値」が上がったわけではない。グローバル市場を見ていれば、今回の統合はあたり前であって、むしろここまで決断を先延ばししたことがニュースになりかねなかったからだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順