ロシアが金正恩政権に接近工作

名越健郎
執筆者:名越健郎 2012年6月18日
エリア: ロシア 朝鮮半島

 ロシアがこのところ、北朝鮮の金正恩政権への接近を図っている。両国関係は金正日総書記の死後、凍結気味だったが、接近工作はプーチン政権のアジア太平洋外交活発化の一環とみられる。

 6月15日のタス通信によれば、ロシア非常事態省は大干ばつに見舞われている北朝鮮に対し、小麦672トンを提供した。国連世界食糧計画(WFP)の支援計画の一環で、今後も食糧支援を継続するという。米国が北朝鮮のミサイル発射で栄養食品提供を中止しており、肩代わりする狙いがあるようだ。

 ロシアは昨年夏、北朝鮮に小麦5万トンを提供。久々の食糧支援が8月末の故金正日労働党総書記の訪露につながった。今後、金正恩政権との関係構築を図る布石とみられる。

 6月1日の平壌発のタス通信によると、朝露両国は旧ソ連時代の債務返済問題で合意に達し、協定に仮調印した。ロシアのストルチャク財務次官が訪朝し、双方は債務問題での相互の義務履行で合意したという。

 昨年8月の朝露首脳会談は、債務問題の早期決着で合意していた。具体的内容は公表されていないが、双方は先に、北朝鮮の累積債務総額を110億ドルとし、9割を帳消しにして、残る1割は両国の共同プロジェクトなどに充てるとしていた。債務問題解決で、新たな投資への道が開かれる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順