核実験強行の論理

執筆者:フォーサイト編集部 2013年2月5日

 本日の更新記事は、平井久志さんの「北朝鮮『それでも核実験強行』の論理(上)厳しかった安保理決議」です。なぜ北朝鮮は核実験強行に突き進むのでしょうか。北朝鮮が昨年12月に人工衛星として打ち上げたミサイル実験に対する国連安保理の対応。北朝鮮にとって、予想よりもはるかに厳しいものでした。

「専門家の部屋」でも、「朝鮮半島」に平井さんが2本の新エントリ。

朝鮮労働党『細胞書記大会』でわかった『権力乱用と官僚主義』」:昨年4月の代表者会議以降、金正恩氏が初めて開いたのは党末端の「細胞」1万人を集めての会議。「先軍」から「先党」への路線転換かもしれません。

『核実験決定』で集まった北朝鮮『7人の外交・安保幹部たち』」:金正恩氏が「国家的重大措置を取る」と表明した1月27日の会議。外交・安保を仕切る7人の幹部が集まりました。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順