「焼身自殺」相次ぐブルガリアの絶望

佐藤伸行
執筆者:佐藤伸行 2013年4月11日
エリア: ヨーロッパ

 このところ、政府に対する抗議の焼身自殺が相次いでいる。立て続けに6人が焼身自殺を図り、4人が死亡した。

 中国の支配に命を犠牲にして抗議しているチベットの人たちの話ではない。欧州連合(EU)の一角、ブルガリアで起きている悲劇だ。

 ブルガリアは2007年、繁栄への希望を胸にEUに加盟した。だがその後も「欧州最貧国」の地位から脱却できず、国民の疲弊は限界に達している。そこに電気料金の大幅な値上げが追い打ちを掛け、2月の厳しい寒さの中、幾万もの民衆は各地で激しい抗議デモを繰り広げた。中道右派「欧州発展のためのブルガリア市民」(GERB)を与党とするボリソフ首相はジャンコフ財務相を解任して乗り切ろうとしたが、民衆の怒りは収まらず、同月、内閣はついに総辞職。5月12日に繰り上げ総選挙が実施されることになった。

 

緊縮財政による国民窮乏化

 国民を貧困から救い出せないばかりか、汚職の腐臭を放ち続けるブルガリアの政治に対する住民の怒りと絶望は深い。焼身自殺に限らず、ビルからの飛び降りや列車への飛び込み、首つりなどの例が数多く報告されている。

 ブルガリアは、EU指導の下で、懸命に緊縮財政を続けてきた。財政赤字の水準はEU基準を満たしており、放漫財政で危機を引き起こしたギリシャなどとは一線を画していた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
佐藤伸行
佐藤伸行 追手門学院大学経済学部教授。1960年山形県生れ。85年早稲田大学卒業後、時事通信社入社。90年代はハンブルク支局、ベルリン支局でドイツ統一プロセスとその後のドイツ情勢をカバー。98年から2003年までウィーン支局で旧ユーゴスラビア民族紛争など東欧問題を取材した。06年から09年までワシントン支局勤務を経て編集委員を務め退職。15年より現職。著書に『世界最強の女帝 メルケルの謎』(文春新書)。
comment:3
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順