クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

フランス人とフランス語

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2013年6月4日
カテゴリ: 国際 文化・歴史

 ごく簡単な英語だが「ボート・ピープル」を御記憶だろうか。それは1975年4月、北ベトナム軍が明日にはベトナム共和国の首都サイゴン(今のホーチミン)を攻め落とそうかというとき、あり合わせの小舟に身を託して南シナ海に逃げたべトナム人のことである。

 国家が滅んで地図上から消える瞬間、国民の間には大騒動が起きる。親戚知人を訪ね、一緒に国外へ逃げないかと誘う人がいる。とにかく自分だけが何らかのコネを頼って外国へ逃げようと算段する人もいる。国外での連絡先を書いた紙をドアに貼っておく等々。

 

 私は外国人記者の特権を利用して米軍ヘリで南シナ海上の米第7艦隊旗艦に移った。途中で眼下に見る海には、小舟が無数に浮かび、それがすべてボート・ピープルを満載し、沖へ沖へと逃げていた。

 運良くヘリに乗り込めた者もいた。私のヘリに同乗したボート・ピープル50人の中で「私はフランス語しか分らない」と言っていた老紳士は、「心配するな。俺がヘリまで連れてってやる」と言って彼と腕を組んだ英人記者のおかげで救われた。

 1968年のテト攻勢でベトナム全土がベトコンの同時奇襲攻撃にやられたときも、私はユエ大学で教授から取材しようとして、やんわり「フランス語でどうぞ」と返され、空しく退散したことがある。カンボジアでも、フランス人が植民地時代に植え付けたフランス文化はしぶとく生きていた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:4
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順