80時間世界一周
80時間世界一周(11)

JALと同じロンドン便 その差は34万円也!

竹田いさみ
執筆者:竹田いさみ 2005年7月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

 旧知のビジネスマンに、「ロンドンに行く場合、どのエアラインを使うの」と聞くと、「ヴァージンだけ」と即答が返ってきた。イギリスが世界に誇るヴァージンアトランティック航空のことだ。創業者はサー・リチャード・ブランソン(五四)。レコード通信販売から身を立てて、一九八四年にヴァージンを設立、二十年で一流の航空会社に育てた。「勝つ秘訣は抜きん出ること」をモットーに、現場に耳を傾けて顧客のニーズを丹念に掘り起こす。 ヴァージンのビジネスクラスのチケットを購入した客が、東京を出発してロンドンのホテルに到着するまでを再現してみる。まず自宅から成田空港まで黒塗りのハイヤーで送り届けてくれるところからサービスが始まる。全日空(ANA)は期間限定(今年九月末まで)で成田から都内まで「お帰りハイヤー・サービス」を実施しているが、「お帰り」のみ。日本航空(JAL)にいたっては何もない。 いよいよ搭乗。新しいエアラインや路線に乗る時は、いつも胸が高鳴る。機内に足を一歩踏み入れた瞬間、「ホー」、「エー」、「マー」とつぶやく。「ホーなかなかイイナ」、さもなければ「エー冗談じゃない」のマイナス評価。そして「マーしょうがないかな」の三通りだ。ヴァージンは「ホー」の部類に属する。そしてインド・東南アジア路線に限定すれば、わが日本のJALは間違いなく「エー」が多い。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
竹田いさみ
竹田いさみ 獨協大学外国語学部教授。1952年生れ。上智大学大学院国際関係論専攻修了。シドニー大学・ロンドン大学留学。Ph.D.(国際政治史)取得。著書に『移民・難民・援助の政治学』(勁草書房、アジア・太平洋賞受賞)、『物語 オーストラリアの歴史』(中公新書)、『国際テロネットワーク』(講談社現代新書)、『世界史をつくった海賊』(ちくま新書)、『世界を動かす海賊』(ちくま新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順