クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

平和国家はつらいよ

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2013年9月9日
カテゴリ: 国際 文化・歴史 金融
エリア: ヨーロッパ 北米

 ジュネーブ郊外、某富豪の元別荘に10日間ほど泊めてもらったことがある。その屋敷の客室で原稿を書いた。

 富豪の名を言えば皆さん御存じのはずだが、今ここに書く話には無関係なので名を略す。当時、家の居住者は中年のスペイン人銀行家で、英語を流暢に話し、私は彼の客だった。

 元の建て主である米富豪は、丸い形が好きだったらしい。丸い暖炉を真ん中にした丸く広い客間があり、食堂やキッチンも丸く、レンジや調理台も丸かった。私が泊った客間も丸く、広いガラス戸を開けて庭に出ると、庭の先はレマン湖だった。湖の向こうに、ローザンヌに通じる自動車道路が見渡せた。

 毎朝、私はトーストの切れ端を持って湖畔に立つ。2羽の白鳥が寄ってきて、私の手からパンを食べる。平和と安全を絵に描いたような家と庭だった。

 

 もう1人、スイスに知人がいた。ジェームズ・クラベル(1924-94)。大ベストセラーでテレビ化もヒットした『将軍』の作者である。

 ベトナム戦中、前線取材に利用した米輸送機C130を待つ間に、私はクラベル作品を愛読した。戦後に出た『将軍』も真っ先に読み、日本の雑誌に紹介の文を書いた。クラベルは「日本人読者第1号だ」と喜び、日比谷花壇から桜の苗木2本を送ってきた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順