80時間世界一周
80時間世界一周(12)

ムンバイの空港で聞いた「遅延お詫び」のアナウンス

竹田いさみ
執筆者:竹田いさみ 2005年8月号
カテゴリ: 国際

「デリー行きジェット・エアウェイズ航空、遅延のお知らせです」――インドの港湾都市ムンバイ(ボンベイ)でこのアナウンスを耳にした瞬間、「ああ、この出発ロビーで、これから数時間も待つんだ」と覚悟を決めた。 ムンバイは海岸線の美しさで観光客を魅了するが、いつも海岸線には霞がかかっていて、カメラマン泣かせのスポットでもある。灼熱の太陽がアラビア海に沈むと、夕涼みを楽しむ市民が海岸に繰り出し、ゆっくりとした時間が流れていく。 それとは対照的に、夕暮れからムンバイ空港は喧騒につつまれる。とりわけ午後七時を過ぎると、国際線の空港ロビーは人でごった返す。インドから飛び立つ国際線フライトは、そのほとんどが午後九時から深夜二時の時間帯に組まれており、旅行者の疲労を倍増させる。ニューデリー、ムンバイ、チェンナイ(マドラス)、バンガロール、コルカタ(カルカッタ)からの国際線は、判で押したようにこの時間帯だ。これはパキスタンやスリランカも同じ状況で、たとえばスリランカのコロンボ発シンガポール行きは午前一時半頃に出発という具合だ。わずか四時間のフライトだが、眠る暇もないため、ほぼ徹夜状態で目的地に到着する羽目になる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
竹田いさみ
竹田いさみ 獨協大学外国語学部教授。1952年生れ。上智大学大学院国際関係論専攻修了。シドニー大学・ロンドン大学留学。Ph.D.(国際政治史)取得。著書に『移民・難民・援助の政治学』(勁草書房、アジア・太平洋賞受賞)、『物語 オーストラリアの歴史』(中公新書)、『国際テロネットワーク』(講談社現代新書)、『世界史をつくった海賊』(ちくま新書)、『世界を動かす海賊』(ちくま新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順