日本サッカーの新時代

星野 智幸
執筆者:星野 智幸 2013年11月25日
カテゴリ: スポーツ

 11月19日に行なわれたベルギーとの親善試合、悪童・柿谷曜一朗の復活は前半36分のことだった。

 右サイドで起点となったのは、ボランチの山口螢。タッチライン際の酒井宏樹にショートパスを出すと、前線へ走り出す。ボールを受けた酒井は、その少し前方にいる本田圭佑にパスを送ると、やはり前方へ走り出す。本田の前には、山口と酒井の2つのパスコースが開いたのだった。ベルギーの守備陣が、先に走り出していた山口に意識が行った瞬間、本田は酒井にスルーパス。フリーで受けた酒井が持ち味の絶妙なクロスを上げると、センターバック2人の間に割って入った柿谷が、体をたわめてジャンプし、空中で亀のような姿勢をとってヘディング! バネをたわめすぎて、この勢いで打ったらボールは枠を逸れかねない、というところで、柿谷はバネがききすぎないよう、瞬時に体をコントロールし、完璧な弾道のゴールを決める。苦手だといわれるヘディングでの同点弾だった。

 なぜ柿谷はヘディングが苦手なのだろうか。ヘディングをしない選手というと、イブラヒモヴィッチとジダンがすぐに思い浮かぶ。彼らはどんなボールが来ても足と体でコントロールしてシュートを打てるので、ヘディングの必要が少ないのだろう。そのジダンがヘディング2発でフランスの優勝を決めたのが、1998年W杯の決勝だった。柿谷も、これらの超人の系譜だと思うのである。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
星野 智幸
星野 智幸 作家。1965年ロサンゼルス生れ。早稲田大学第一文学部を卒業後、新聞記者をへて、メキシコに留学。1997年『最後の吐息』(文藝賞)でデビュー。2000年『目覚めよと人魚は歌う』で三島由紀夫賞、2003年『ファンタジスタ』で野間文芸新人賞、2011年『俺俺』で大江健三郎賞を受賞。著書に『ロンリー・ハーツ・キラー』『アルカロイド・ラヴァーズ』『水族』『無間道』などがある。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順