レオ・シュトラウスは「ネオコンの始祖」なのか

会田弘継
執筆者:会田弘継 2006年3月号
カテゴリ: 国際 文化・歴史
エリア: 北米

 ここ数年、レオ・シュトラウス(一八九九―一九七三)ほど騒がれた思想家はいないだろう。いわく、九・一一テロへのアメリカの対応は、シュトラウス思想の影響だ。いわく、ブッシュ政権の独断外交を主導したネオコン(新保守主義者)を背後から思想的に支えたのはシュトラウスである。 それまで一部の思想史研究者を除いてあまり知られていなかった、このドイツ生まれのユダヤ人の政治哲学者をめぐり、アメリカの新聞、雑誌は「謎めいた哲人」といった視点で、さまざまなことを書きつらねた。騒ぎは、大西洋や太平洋を越えて、欧州や日本にも波及した。ほとんどが、ネオコンに絡めてシュトラウスを論じた。 アメリカのある進歩派雑誌は、シュトラウスに影響を受けたネオコンは「この千年の十大悪漢集団に入る」とまで言い切った。高級紙ニューヨーク・タイムズもブッシュ政権の独断外交、武断主義を支える思想は、レオ・シュトラウスから来ていると分析する長文記事を載せたことがある。「野蛮な敵から西側民主主義を守るのは自然権だ」という考えがそれだという。記事には、そうした思想を持つネオコンは、「レオ・コン」と呼ぶのが相応しいという意味の見出しが付けられていた(二〇〇三年五月四日付)。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
会田弘継
会田弘継 青山学院大学地球社会共生学部教授、共同通信客員論説委員。1951年生れ。東京外国語大学英米科卒。共同通信ジュネーブ支局長、ワシントン支局長、論説委員長などを歴任。2015年4月より現職。著書に本誌連載をまとめた『追跡・アメリカの思想家たち』(新潮選書)、『戦争を始めるのは誰か』(講談社現代新書)、訳書にフランシス・フクヤマ『アメリカの終わり』(講談社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順