「転がりたがり」の伝統

星野 智幸
執筆者:星野 智幸 2014年3月26日
カテゴリ: スポーツ
エリア: 中南米

  世界中どこへ行ってもアルゼンチンの選手だけは見分けがつく。

 その1、長髪が多い。それも、無造作にワイルドに伸ばしっぱなし、という印象の黒い長髪。何が起源なのかはわからないが、アルゼンチンが1978年のW杯で初優勝を遂げたときには、スターのマリオ・ケンペスが長髪だったから、その伝統かもしれない。もっとも、あの時代はまだ長髪フォークソングの文化が残っており、どの国にも長髪のサッカー選手はいて、ケンペスはたんにその1人だったのだろう。だとすれば、アルゼンチンのサッカー選手は、1970年代カウンターカルチャーの長髪文化を、今でも保存している希有な人たちということになる。

 

 

子どもも転がる

 現役時代は「5回転」だったディエゴ・シメオネ (C)EPA=時事
現役時代は「5回転」だったディエゴ・シメオネ (C)EPA=時事

 その2、ファウルを受けたとき、あるいは受けたふりをするとき、大げさに転がる。1回転ではすまない。おおむね、3回転から4回転は転がる。そんなに転がる選手は他の国にはあまりいないので、ああこの選手はアルゼンチン人だな、とわかる。「ワル」で有名だったディエゴ・シメオネなど、5回ぐらい転がったあげく、すでに回転が止まっているのに、無理やり体をねじってもう1回転したりしていた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
星野 智幸
星野 智幸 作家。1965年ロサンゼルス生れ。早稲田大学第一文学部を卒業後、新聞記者をへて、メキシコに留学。1997年『最後の吐息』(文藝賞)でデビュー。2000年『目覚めよと人魚は歌う』で三島由紀夫賞、2003年『ファンタジスタ』で野間文芸新人賞、2011年『俺俺』で大江健三郎賞を受賞。著書に『ロンリー・ハーツ・キラー』『アルカロイド・ラヴァーズ』『水族』『無間道』などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順