水谷建設事件の多すぎる「点と線」

執筆者:伊藤博敏 2006年9月号
カテゴリ: 社会
エリア: 日本

東京地検特捜部は再度の捜査で逮捕にこぎつけた。今後、どれだけの「ルート」が解明されていくのか。 脱税容疑で逮捕された水谷建設元会長の水谷功容疑者(六一)は、政治家と暴力団にとって使い勝手のいい「貯金箱」だった。 三重県桑名市を本拠とする年商四百五十億円の土建業者。重機土木のトップ企業とはいえ一般には無名で、その秘匿性が政治家にとっては使いやすく、細かいことに注文をつけずドンブリ勘定でカネを出す度胸の良さが暴力団には好ましかった。 七月八日に幕を開けた水谷建設事件は、「地方の土建屋」の脱税事件とは思えぬ拡がりを見せている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順