クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

大陸横断・青蔵鉄道と「心の問題」

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2006年9月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾

 日米修好通商条約の批准書を携えた万延元年遣米使節すなわち新見豊前守正興ら七十七人のサムライは、一八六〇年二月、米艦ポーハタンに便乗して品川を発った。ハワイ経由サンフランシスコに安着したが、そこは国の都ワシントンを遠く離れたカリフォルニアだった。 カリフォルニアは合衆国三十一番目の州ではあるが、まだいわゆる「陸の孤島」だった。東にはシエラネバダ山脈やモハーベ砂漠が立ち塞がり、東部に行く陸の便がなかった。仕方ない。サムライたちは再び船でパナマに到り、そこから日本人初の団体鉄道旅行をして大西洋岸に出、三度び船でワシントンに達して任務を果たした。 まもなく始まった南北戦争に災いされ、カリフォルニアはその後もしばらく孤島のままだった。飛行機のない時代、陸で繋がっていなければ連邦政府の方針は伝わらず、徴税もままならなかった。国を一つにするための大陸横断鉄道は、アメリカを挙げての悲願になった。映画『駅馬車』や物語『大草原の小さな家』の頃のことである。だが工事は難航した。 西へ伸びるユニオン・パシフィック鉄道と、サクラメントから東へ伸びるセントラル・パシフィック鉄道は、なかなか出会えなかった。荒涼たる無人地帯。後者建設のため太平洋の向こう岸から連れて来られたシナ人労務者は、バタバタと倒れた。枕木一本ごとにシナ人一人が埋まっていると言われた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順