【木】中台スパイ合戦、米中間選挙

執筆者:フォーサイト編集部 2014年10月30日

本日のアップロードは、「中国の部屋」運営者の野嶋剛さんの「中国が台湾の『スパイ工作』公表に踏み切った理由」です。映画などの世界ではなく、現実のスパイ活動の実態がここまで明らかになるのも珍しいケース。留学生を利用していたという事実も意外でした。

さらに「専門家の部屋」では、「アメリカ」に「『オバマ外交』の米中間選挙への影響」(足立正彦さん)の新エントリ。南部では30%台にまで落ち込んだオバマ大統領の支持率。外交政策で”弱腰”との評が影響しているようですが、民主党候補者の応援演説にすら呼ばれないほど深刻な不人気ぶりです。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順